FXと比較したバイナリーオプションのメリットとデメリット

バイナリーオプションは一定時間後に為替が目標レートに対してどうなっているかだけを予想するシンプルな投資法です。予想が的中すると、バイナリー業者ごとに定められている金額が支払われます(ペイアウト)。予想が外れたとしてもオプションの購入資金を失うだけで、他に支払う費用はありません。

ところで、為替の価格を予想して利益を狙う投資にはFXもあります。そのFXとバイナリーオプションの違いやメリット、デメリットには以下などがあります。

●バイナリーオプションのメリット
1.シンプルなルール
バイナリーオプションは判定時刻に為替が目標価格の上にあるか、下になっているか、または目標価格の中に入っているか出ているかを予想します。為替を予想するということではFXと変わりはありません。

ただ、最長2時間という判定時刻における予想をするだけであり、FXのような先々の為替の流れまで予想する必要はありません。また、レバレッジや必要証拠金がありません。オプションの購入資金以外は資金管理をしなくても良いというシンプルなルールになっています。

2.リスクコントロール
バイナリーオプションの最大のメリットはリスクコントロールにあります。予想が外れてもオプションの購入資金が無くなるだけです。つまり、損失を事前に把握できます。

FXの場合は予想が外れると含み損が発生し、損失が拡大します。購入したポジションには期限というものが無いため、いくらの損失になるのか想定できません(ロスカットという最大損失は存在します)。

●バイナリーオプションのデメリット
1.利益の限定
バイナリーオプションは損失がオプションの購入代金だけというメリットがありますが、逆に利益が決められたペイアウトだけというデメリットでもあります。つまり、一定の利益以上は望めません。

FXの場合は予想が当たると、為替に連動して利益が膨らんでいきます。レバレッジも重なって、費用対効果はバイナリーオプションの比ではありません。

2.タイムリミット
バイナリーオプションは取引のタイムリミットを業者が決めます。そこには利用者の意思は反映されず、強制的に取引が終了します。

FXはポジションの決済を利用者の判断で決められます。利用者の決めた決済価格を取引終了時間とすることができ、また決済を待つこともできます。

3.購入金額の無返還
FXの場合は投資金額が全額消滅するということは滅多に起きません。損失が一定額以上拡大するとロスカットが行われるため、その時点で残っている資金は返還してもらえます。一方、バイナリーオプションの購入金額は返ってきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です